読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horse racing world

競馬に関することをまったり綴るブログ

プリークネスS(2016)結果:ラニは・・・。

米国競馬 米国競馬-米国3冠

本日、朝に米国競馬3冠レース第2戦・プリークネスS(2016)が米国ピムリコ競馬場で行われました。

ケンタッキーダービー馬で8戦8勝のナイキストが1番人気。

同2着のエグザジャレーターが2番人気。

日本から出走のラニは今回も空気のような扱いでした。

 

 

プリークネスS(2016)レース映像

レースは人気のナイキストが主導する超ハイペースで流れて、2番人気のエグザジャレイターは中団から好位追走。 ラニは今回も後方からレースを進めます。

www.youtube.com

 

プリークネスS(2016)レース結果

①エグザジャレイター

②チェリーワイン

③ナイキスト

④ストレディヴァリ

ラニ

 

今回のプリークネスSは実況でも言われているとおり、人気のケンタッキーダービー馬ナイキストが超ハイペースで飛ばす流れで、そのナイキストは踏ん張り切れずに3着。

前々走、同じく泥んこ馬場のサンタアニタダービーを6馬身差でぶっ千切っていたエグザジャレイターが直線抜け出して完勝。ケンタッキーダービー2着からの逆転を果たしました。

2着にはラニと共に後方からレースを進めたチェリーワインが終始内々を回る距離ロスの無い競馬で入りました。

 

ラニは後方から外を回して追い上げ5着。

2着のチェリーワインとはコース取りの差とも言える着差ですが…「ラニが内を回れる馬なのか」は気性的に微妙な感じです。

 

前走のケンタッキーダービーでは全20頭中の9着。

今回のプリークネスステークスでは全11頭中の5着。

どちらも「真ん中よりちょっとだけ良かった着順」ですが今回の方が見どころがあったレースでしたね。

相変わらず米国競馬の超ハイペースにはついていけないようですが…^^;

 

ラニの次走はベルモントS

ラニの次走は当初からの大目標米国3冠最終戦ベルモントS

元々ハイペースの米国競馬の追走に難がありそうだったラニ

それを考えれば「小回りのピムリコ競馬場D1900m」で行われたプリークネスSの結果は予想を覆す大健闘とも言えます。

ベルモントSはD2400mで少なくとも追走は楽になる舞台です。

「そんな単純に競馬は計算通りにいかない」のは重々承知していますが、ベルモントSでの大仕事をついつい期待してしまいます。