読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horse racing world

競馬に関することをまったり綴るブログ

ドバイワールドカップデー

ドバイワールドカップ

ドバイワールドカップデーとは?

アラブ首長国連邦のドバイにあるメイダン競馬場で実施される世界有数の競馬の祭典。

ドバイワールドカップを筆頭に一日で多数のG1レース他が実施される。

1日の賞金総額は約3,000万ドル。

 2016年は3月26日(土)に実施される。

 実施レースは改廃・名称変更があるが、本年実施の主なレースは以下の通り。

 実施レース

 

ドバイワールドカップとは?

ドバイワールドカップデーに実施されるたくさんのG1レースの中でも最も賞金が高くメインレースの位置づけにある世界最高峰の国際レース。ドバイ首長国首長シェイク・モハメド殿下が1995年に創設した競馬の国際競走。賞金総額1,000万ドルは世界最高額。

日本からもその時代のダート競馬のトップホース達が度々遠征しているが、日本馬の初優勝はオールウェザーコースで行われていた2011年。芝のトップホースのヴィクトワールピサ

ドバイシーマクラシックとは?

 ドバイワールドカップデーに実施されるG1レースのうちの1つ(2001年まではG2)。芝の約2400m(現在は2410m)で行われている。日本馬の優勝は過去3回。日本馬の初優勝はG2時代にステイゴールドが、G1になってからの日本馬としての初優勝は2006年にハーツクライが達成している。

ドバイターフとは?

以前はドバイデューティーフリーと呼ばれていたドバイワールドカップデーに実施されるG1レースの1つで、ドバイシーマクラシックと同じく2002年にG2からG1に昇格。2016年現在は芝の1800mで実施されている。

日本馬の優勝は2回。初優勝は2007年のアドマイヤムーン。2014年にはジャスタウェイが圧勝し、その圧倒的な強さが評価されワールドホースランキング1位にランキングされた。

 

ドバイワールドカップデーG1競走の日本馬成績

 ドバイワールドカップ・日本馬の成績

 

ドバイゴールデンシャヒーン・日本馬の成績

 

 ドバイシーマクラシック・日本馬の成績(2001年まではG2)

 

 ドバイターフ(旧ドバイデューティーフリー)・日本馬の成績(2001年まではG2)

 

アルクオーツスプリント

 

 海外旅行ツアー(海外競馬観戦ツアー)

海外旅行先としても人気のドバイ。海外旅行ツアーも常時多数ありますが、毎年3月下旬のドバイワールドカップデー開催時には競馬観戦が組み込まれた「ドバイワールドカップ観戦ツアー」が各社から企画されています。